インターネットFAXの使い方

インターネットFAXを比較しよう

インターネットFAXの使い方について

従来のファックス機器でFAXの送受信を行うのは古い方法で、現在ではインターネットFAXの普及が高まり、多くの方が利用しております。

 

何と言っても、インターネットFAXは使い方が非常に簡単なところが大きなメリットで、サービスによって違いは生じているものの、Eメールの送受信を行えればインターネットFAXが使えるのです。

 

特別な設定を自分で施すという必要は全くなく、最初の登録の際に選んだFAX番号に、受信されたファックスが届けられるという仕組みとなっております。

 

従来のFAX機器であれば、紙面に出力して残さなければなりませんでしたが、インターネットFAXは書類整理を行わなくてもメールボックスの中に残っているので、自分で削除しない限りはいつでも読み返すことが可能です。

 

受信だけではなく送信の使い方も簡単で、FAXの送信画面を開き相手方の番号を入力し、PDF形式やJPG形式といったファイルを添付してクリックするだけとなっております。

 

多くのインターネットFAXでは、送信する前にプレビューで確認できる機能が付いているので、誤送信といったトラブルを極力防ぐことができるでしょう。

 

このサイトでご紹介しているeFaxも同じような使い方となっており、お客様のFAX番号にファックスが送信されるとPDFとして、登録したEメールアドレスに届けられます。

 

そして、送信方法としては、相手方の番号の前に国番号と市外局番を付け、最後に「@efaxsend.com」を入力して送信ボタンをクリックするだけの簡単な手順です。

 

以上のように、使い方で迷ってしまうということはほとんどないですし、公式サイトで詳しく説明がなされているので、一度確認してみてください。

 

 

>>> eFaxの無料トライアル

 

さて、インターネットFAXは使い方が簡単なだけではなく、本体購入費や修理費、紙代やインク代といった消耗品に掛かる費用を削減できるというところが大きなメリットです。

 

それに、オフィスであればまだしも、自宅で仕事をしている個人事業主の方は、意外と幅を取るFAX機器の置き場所に困ってしまうかもしれません。

 

その点、インターネットFAXであれば機器の本体が必要なく、やり取りは全てインターネット上で行われますし、メールボックスに送られてきたデータを何度でも読み返すことができます。

 

ファックスとして送られてきた紙面を管理するのは大変なので、いちいち紙面として残さなくても良いインターネットFAXを取り入れてみましょう。


「インターネットFAXの使い方」に関するページ