インターネットFAXとWord

インターネットFAXを比較しよう

インターネットFAXとWordについて

インターネットFAX業者によって送信方法には違いが生じているものの、基本的にPDFだけではなくWord(ワード)のファイルも送信できます。

 

メールに送りたいFAXのファイルを添付して送信できるのがインターネットFAXの大きな特徴で、「紙面に出力する必要がない」「コストを削減できる」という大きなメリットがあるのです。

 

今現在もビジネスにおいてファックス機器を使用する企業は多く、欠かせない存在なのは間違いありません。

 

その業務を更に効率良く進められるサービスがインターネットFAXで、それはPDFファイルやWordファイル、Excelファイルなどを送信できるからです。

 

当サイトでご紹介しているインターネットFAXのeFaxでも、以下のようなファイルが添付可能だと公式サイトの使い方のページで記載されておりました。

 

 

・PDF形式

・ワード形式(.doc)

・パワーポイント形式(.ppt)

・エクセル形式(.xls)

・JPG

・GIF

・PSD

 

 

このように、オフィス系のファイルも画像ファイルも同じように添付し、インターネットFAXとして送信できます。

 

そのまま添付して送信できるので従来の複合機よりも圧倒的に利便性が高く、自分がFAXを受け取る際もスマートフォンを利用すればいつでもどこでも好きな場所で閲覧できるというわけです。

 

実際にインターネットFAXを使ってみると、どのような機能が利用できるのか把握できるので、まずはeFaxの無料トライアルに登録してみてください。

 

 

>>> eFaxの無料トライアル

 

さて、Wordで作ったファイルをインターネットFAXとして相手に送る場合、相手がスマートフォンではなくガラケーを使用している場合は正常に閲覧できない可能性があります。

 

携帯電話の機種によってはファイルを開いて内容を確認できない場合がありますし、ファイルを開くまでに時間がかかるという条件もあるかもしれません。

 

これはWordだけではなくExcelにも該当する話なので、添付ファイルを確認できるのかどうか送信先に確認しておいた方が良いでしょう。

 

きちんと送信されたかどうか確認する場合は、インターネットFAXの業者によって大きく異なります。

 

当サイトでご紹介しているeFaxの場合は、無事に送られたことを知らせるメールが届けられるので、添付ファイルの確認が必要ないのならば相手に連絡を入れる必要はないはずです。

 

eFax以外の業者を利用するにしても、公式サイトで詳しい受信方法や送信方法が表記されているはずなので、入会する前に確認しておいてください。


「インターネットFAXの送信方法」に関するページ