インターネットFAXと添付ファイル

インターネットFAXを比較しよう

インターネットFAXと添付ファイルについて

インターネットFAXはいつでもどこでも、パソコンやスマートフォンがあれば簡単にFAXのやり取りができるサービスとなっており、自宅やコンビニに行かなくてもメールに添付ファイルを付随させるだけで良いのです。

 

それに、メールで送られてきた添付ファイルは永久保存ができるので、管理も簡単だというメリットがあります。

 

従来のFAX機器ですと、紙詰まりを引き起こして上手く受信できなかったり、送られてきた重要な書類をなくしたりといったトラブルが生じる可能性がありましたが、インターネットFAXではそのような心配は全くありません。

 

それに、メールを受信する方以外は、添付ファイルを閲覧することはできないので、情報流出のリスクを防げるという点でも、インターネットFAXは適しております。

 

インターネットFAXのサービスによって多少は異なりますが、基本的にメールを受信する際は、PDFの添付ファイルとして受け取れるので、それを開くことでFAXの受信が行えるという仕組みです。

 

このサイトでご紹介しているeFaxも、PDF形式の添付ファイルとして受信される仕組みとなっており、スマートフォンで閲覧するという場合は、「Adobe Acrobat Reader」をダウンロードしておく必要があります。

 

もちろん、パソコンで添付ファイルを開くという場合も、「Adobe Acrobat Reader」が必要となるので、あらかじめダウンロードされているかチェックしなければならないのです。

 

eFaxはインターネットFAXの中でも人気の高いサービスであり、全世界で利用者が増えているので、是非登録してみてください。

 

 

>>> eFaxの無料トライアル

 

さて、インターネットFAXを使いファックスをメールで送信する場合は、添付ファイルをメールに添付させる必要があり、テキストデータや画像データ、写メールといったものまで利用が可能となっております。

 

上記でご紹介したeFaxで添付できるファイルの種類に関しては、公式サイトで詳しく説明されておりますが、PDF形式だけではなく、エクセル形式やパワーポイント形式、GIFやJPGといった画像ファイルも添付できるのです。

 

ただし、エクセルおよびワードで改ページ機能を使っていないという場合は、区切りが正しく表示されないことがあるかもしれません。

 

そのため、ページ設定を印刷通りに送りたいという方は、あらかじめ添付ファイルをPDF形式に変換して利用することをおすすめします。


「インターネットFAXの送信方法」に関するページ