インターネットFAXは大量に送信できるの?

インターネットFAXを比較しよう

インターネットFAXは大量に送信できるの?

「インターネットFAXは別の宛先にファックスを大量に送信できるの?」という疑問を抱えている方はいらっしゃいます。

 

複合機では大量の宛先へと送信でき、ビジネスでDMを送る際に役立つのは間違いありません。

 

従来の複合機だけではなく、インターネット回線を使ったインターネットFAXも一斉送信サービスが可能です。

 

利用する業者によって異なるので一概には説明できないものの、eFaxやBizFAX ストレージ&リモート、ToonesインターネットFAXといった有名な業者ならば一度に大量の宛先へと送ることができます。

 

「一斉送信」ではなく「同報送信」と表記されていることもあり、自分が利用しようと考えているインターネットFAXがこのサービスに対応しているのか公式サイトで確認してみましょう。

 

大量の宛先へと送る場合も、電話回線を使用する通常の複合機と比べるとインターネットFAXは大幅なコスト削減に繋がります。

 

しかも、電話回線は距離によって料金が異なりますが、インターネットFAXはメールを使って送受信を行う仕組みとなっているため、全国どこに送ったとしても一律なのです。

 

当サイトでご紹介しているeFaxでは、最大で50件の宛先へと同報送信ができます。

 

初期費用は一切かからず、月額料金の1,500円を支払うだけでインターネットFAXが利用できるので、個人用としても法人用としても活用されているのかもしれません。

 

現在では30日間に渡って無料トライアルが実施されているので、公式サイトで詳細を確認してみてください。

 

 

>>> eFaxの無料トライアル

 

さて、インターネットFAXでの一斉送信のやり方は実に簡単で、EメールのCc(同報)やBcc(隠し同報)と一緒です。

 

サービスによって多少の違いはあるものの、基本的には電話帳や直接入力でファックスを送信したい宛先を複数指定し、PDFなどのファイルを添付して送信する形となります。

 

上記でご紹介したeFaxでもこのような手順で同報送信が可能で、複合機よりも圧倒的に簡単な使い方なのがお分かり頂けるはずです。

 

初めてインターネットFAXを利用する方でも把握できますし、Eメールを使って送受信をしたことのある人ならば特に問題はないでしょう。

 

「使用方法が簡単」「経費の削減に繋がる」「利便性が高い」というメリットがインターネットFAXにはあり、徐々に認知度は高まっております。

 

ビジネスで欠かせない存在になる日は近いので、上手く活用してみてください。


「インターネットFAXの送信方法」に関するページ