インターネットFAXと解像度

インターネットFAXを比較しよう

インターネットFAXと解像度について

インターネットFAXを利用している方は、メールにワードやエクセルといったオフィス系のファイルだけではなく、「JPG」「PSD」「GIF」といった画像ファイルを添付することもあるはずです。

 

その際にFAXの送信に時間が掛かると訴える方がいらっしゃいますが、これはスキャン時の解像度設定が適切ではない可能性が高くなっております。

 

解像度とは、1インチ当たりどの程度のピクセルが入るかという密度のことを指しており、「dpi」という単位で表されることが多いです。

 

基本的にマス目の大きさが大きいほど、カクカクとした見にくい画像となり、小さければ小さいほど綺麗に見えるようになります。

 

つまり、解像度である「dpi」の数値が大きければ大きいほど、美しい画像となって見えると考えて良いでしょう。

 

これは、インターネットFAXを利用する上で重要となり、送信目的に応じて適した解像度やデータ圧縮の設定を行わなければ、スムーズにFAXの送信を行うことができないのです。

 

クライアントに画像ファイルを送ったとしても、それがきちんと見えなければ全く意味がないので、解像度とファイルバランスの取れた画像データを作成するように心掛ける必要があります。

 

インターネットFAXサービスによって異なるので一概には言えませんが、解像度のモードは標準値の「200X200dpi」やインターネットFAXモードの「200X100dpi」に設定されており、写真やイラストを含まない原稿をFAXで送信するという場合は、標準値で読み込ませる方が良いのです。

 

そして、細かい解像度や、写真部分の画質を優先したいのであれば、インターネットFAXモードを選択した方が良いかもしれません。

 

以上のように、解像度は送信側のFAX機に依存するという特徴があるため、こちらできちんと解像度を設定しなければ相手方は快適に見ることができないので注意が必要です。

 

とは言え、これはどのインターネットFAXサービスにも言えることですが、文書をPDF化する過程で解像度が落ちることが多くなっております。

 

これは、仕方のない現象であると言えますが、このサイトでご紹介しているeFaxは解像度が綺麗であると評判となっており、送信に掛かる時間も他のサービスと比べて短縮されているのです。

 

「FAXに掛かるコストを削減したい」「もっと効率化を図りたい」というように、色々な理由でインターネットFAXを利用すると思われますが、eFaxであればより快適に使えるので試してみてください。

 

 

>>> eFaxの無料トライアル

 


「その他」に関するページ