インターネットFAXと宛先

インターネットFAXを比較しよう

インターネットFAXと宛先について

インターネットFAXを送信する方法は非常に簡単で、通常のEメールと同じように宛先にファックス番号を入力して、PDFといったファイルを添付して送信するだけです。

 

Eメールと異なる点は、宛先の欄に入力するのがメールアドレスではなく相手方のFAX番号というところで、難しい手順は全くないので送信方法が分からなくて迷うという心配はありません。

 

それに、インターネットFAXサービスによって異なるものの、基本的に複数の宛先への同報送信も可能なので、送信に掛かる手間を省けるという大きなメリットがあります。

 

ビジネスにおいて、複数のクライアントに同じファックスを転送しなければならないということは起こり得ますが、インターネットFAXであれば従来のFAXのように紙面の裏表を確認したり、インク切れを確かめたりといったことが必要ないのです。

 

更に、実際に送信を行う前に、プレビュー画面で確認するという機能も備わっているので、間違った宛先への誤送信も防ぐことができます。

 

このように、インターネットFAXが従来のFAXと比べて大きなメリットを兼ね備えているということが、お分かり頂けたのではないでしょうか。

 

このサイトでご紹介しているeFaxでは、登録しているEメールアドレスに限り、最大で50件の宛先に同時送信ができるシステムが取り入れられております。

 

ビジネスを効率的に進められるということは間違いなく、送信方法や受信方法を確かめるために30日間の無料トライアルも実施されているので、是非eFaxを試してみてください。

 

 

>>> eFaxの無料トライアル

 

さて、送信できるファイルはインターネットFAXサービスによって大きく異なるものの、PDFやWordの文書、Excelといったファイルの送信はほとんどのサービスで可能で、宛先にFAX番号を入力することで送信ができます。

 

上記でも説明致しましたが、複数の宛先へ同時に送信できるところが優れた特徴の一つとなっており、人為的なミスを未然に防げるのでセキュリティ対策に関してもバッチリです。

 

このサイトではeFax以外にも「ToonesインターネットFAX」というサービスをご紹介しており、このサービスは最大で1,000番号まで一斉送信ができるというところが大きなメリットとなっております。

 

大企業では一度に多くの取り引き先に同じファックスを送信しなければならないという事態も十分にあり得るので、「ToonesインターネットFAX」がいかに優れているのかお分かり頂けるでしょう。


「インターネットFAXの仕組み」に関するページ