インターネットFAXの仕組み

インターネットFAXを比較しよう

インターネットFAXの仕組みについて

従来のファックスでは、電話回線を利用する仕組みとなっており、紙面を読み込んでそれを送ることで相手方の機器に届けられましたが、インターネットFAXはインターネット回線を使用します。

 

ファックスとして送られてきたデータは、PDFといったデータに変換される仕組みとなっているので、パソコンやスマートフォンといった媒介でメールとして受信し、それを閲覧することで内容をチェックできるというわけです。

 

長時間に及ぶ手作業をメール一つで完了できるというところがインターネットFAXのメリットで、メールの送受信という作業ができれば誰でも簡単に利用できます。

 

サービスによって微妙に使い方が異なるかもしれませんが、一般的な仕組みは以上のようになっていると説明できるでしょう。

 

インターネットFAXを利用するためには、インターネットに接続が可能なパソコンが必要で、圏外といった場所ではメールの送受信は行えないものの、基本的にはいつでもどこでも利用できるというところが大きな特徴です。

 

オフィスにいちいち帰ることなく、外出中に携帯電話を使ってFAXの送受信ができるということで、ビジネスとして使われることが多いのかもしれません。

 

従来の機器のように、高価なFAXサーバーやモデム、インストールしなければならないソフトは要らない仕組みとなっているところが、インターネットFAXの人気の秘訣です。

 

色々なサービスが現在では登場しておりますが、その中でもこのサイトでご紹介しているeFaxが人気となっております。

 

このサービスでは、初めてインターネットFAXを使うという方のために、30日間の無料トライアルが実施されているので、気軽に試してみてください。

 

 

>>> eFaxの無料トライアル

 

さて、インターネットFAXの仕組みは、050のIP電話と全く一緒で、インターネットの回線網でデータのやり取りがなされるので、メールとの連動が可能となっていると説明できます。

 

その料金はサービスによって異なるものの、全国一律の低料金でファックスの送受信が行えるので、なるべくコストを減らし通信費を安く抑えられるのです。

 

専用機器自体に掛かる料金はもちろんのこと、インク代や紙代といった費用も一切掛からない仕組みとなっているので、安い料金で利用できるということはお分かり頂けるでしょう。

 

インターネットFAXは誰でも簡単に使えるはずなので、是非試してみてください。


「インターネットFAXの仕組み」に関するページ