インターネットFAXと複合機

インターネットFAXを比較しよう

インターネットFAXと複合機について

FAXと聞くと、多くの方が複合機を利用し紙面で書類などを送る方法をイメージするかもしれませんが、インターネットの技術が発達するとともに、現在ではFAXのあり方も変わっており、メールで利用できるインターネットFAXが主流となっております。

 

プリンターやイメージスキャナなど複数の機能を併せ持つ複合機とは様々な点で異なっており、100%ニーズに合うとは一概に説明できないものの、たくさんのメリットを持ち合わせているのです。

 

他のページでも説明したのですが、インターネットFAXを利用する一番のメリットはコストを削減できるということで、従来の複合機ではリース代や紙代、インク代やメンテナンス費用といったように高い維持費が必要でした。

 

その点、インターネットFAXはインターネット回線を利用しているため、通信費が一切掛かりませんし、その他のコストも大きく削減できるのです。

 

サービスによって初期費用や月額料金は異なるので一概には言えませんが、基本的に1,000円から3,000円程度で利用できるので、複合機よりも安いということは間違いありません。

 

このサイトで詳しくご説明しているeFaxは、様々なインターネットFAXサービスの中でも非常に格安の料金設定となっております。

 

自分で好きな市外局番を設定できたり、複数のメールアドレスを登録できるという特徴があるので、一度利用してみてください。

 

 

>>> eFaxの無料トライアル

 

さて、インターネットFAXと複合機の違いとして、聴覚障害者でも簡単に利用できるというところが挙げられます。

 

専用の機器を購入する必要はなく、リースする必要もなく、パソコン本体とプロバイダー契約をするだけで簡単にインターネットFAXを利用できるのです。

 

この専用の機器が必要ないというところが大きなポイントで、壊れてメンテナンスを依頼するとなると、時間外で対応できなかったり耳の不自由な方は言葉でコミュニケーションをとるのが困難であると想定できます。

 

このように、聴覚障害者でも簡単に利用できるというところが、インターネットFAXと複合機の違いの一つであると言えるでしょう。

 

それに、製品の品質や送受信に掛かるスピードは複合機よりも増しているので、不便だと感じることはほとんどないはずです。

 

ただし、サービスによってはメール添付の通信を行う際、通常のE-mailと同じように相手に届いたかの確認は取れないので注意が必要です。


「インターネットFAXのメリット」に関するページ