インターネットFAXとメール

インターネットFAXを比較しよう

インターネットFAXとメールについて

簡単に説明すると、インターネットFAXはメールとFAX間の双方の通信が可能となったサービスで、インターネットにアクセスできる環境とEメールアドレスがあれば、24時間どこでも閲覧が可能です。

 

従来まではファックスはFAX機器の間で、そしてメールはメール同士でしか利用できませんでしたが、インターネットFAXは双方の垣根が全くなくなったネットワークサービスであると説明できます。

 

メールの送受信の方法が分からないという方はほとんどおらず、インターネットFAXでも同じように利用できるということで、使い方がイマイチ分からないという事態は引き起こされないはずです。

 

初めての方でも簡単に利用でき、直ぐにビジネスとして大きな効果を発揮するというところが優れていると言えるでしょう。

 

それに、FAXで配信できるのはメール本文やテキストファイルだけではなく、PDFやExcel、WordやPowerPointなど、色々な添付ファイルに対応している点も大きな特徴となっております。

 

インターネットFAXサービスによって、異なる場合があるので、実際にメールでFAXを利用する前に、公式サイトなどで確認しておいた方が良いかもしれません。

 

このサイトでご紹介しているeFaxで、メールに添付可能なファイルは、ワード形式やPDF形式、パワーポイント形式やエクセル形式といったオフィス系のものだけではなく、JPGやGIFなどの画像ファイルも送信できます。

 

詳しくはeFaxの公式サイトに記載されているので、利用する前に一度チェックしてみてください。

 

 

>>> eFaxの無料トライアル

 

さて、今までのFAX機器であれば、ファックスは紙面として自分の元に届くので、必要なものだけスキャナーで保存したりファイルで綴じて管理したりといった対応が必要でした。

 

それに、紙でファックス機器に出力されるということで、重要な書類が不必要な紙の間に挟まっていて間違って捨ててしまったり、外部に漏えいしたりといったリスクがつき物だったのです。

 

その点、インターネットFAXであればファックスの受信はメールで行われるので、保存や管理に最適だと説明できます。

 

また、決まったメールアドレス宛てに送信されるので、担当者や管理者が受信することとなり、他の人間の目に触れることがないので情報漏えいのリスクを最小限に抑えられるのです。

 

このように、メールでFAXを利用できるインターネットFAXは、多くのメリットを兼ね備えているサービスなので、是非取り入れてみてください。


「インターネットFAXの受信方法」に関するページ
インターネットFAXとメール