インターネットFAXで障害は引き起こされるの?

インターネットFAXを比較しよう

インターネットFAXで障害は引き起こされるの?

インターネットFAXはインターネット回線を使用し、メールでFAXの送受信を行うサービスとなっております。

 

そのため、場合によっては障害が引き起こされることがあり、「ファックスを送信できない」「受信したファックスを閲覧できない」という状態に陥るかもしれません。

 

しかし、基本的にはこのような障害なくスムーズにインターネットFAXを利用できますし、複合機とは違っていつでもどこでもやり取りできるという魅力があります。

 

Eメールと同じように送受信ができますし、パソコンだけではなくスマートフォンも利用できるのです。

 

当サイトでご紹介しているeFaxならばスマートフォン用のアプリケーションが無料でダウンロードでき、ファックスとして送られてきたメールだけを抽出できるので、大量のメールの中に埋もれてしまう心配はないでしょう。

 

カメラで撮影した画像をそのままFAXとして送信できる機能も付いており、一度eFaxを利用すれば便利だということがお分かり頂けるはずです。

 

仮に障害が引き起こされたとしても、eFaxはカスタマーサポートの対応が迅速なので直ぐに復旧して使えるようにしてくれます。

 

デメリットが非常に少なく、「利便性が高い」「コストを削減できる」「業務をスピーディーに行える」という豊富なメリットがあるので、ビジネス用としても個人用としてもインターネットFAXを取り入れてみてください。

 

 

>>> eFaxの無料トライアル

 

さて、ビジネスを円滑に進めるだけではなく、聴覚障害者のコミュニケーションツールとしてもインターネットFAXは非常に適しております。

 

耳が不自由な方はコミュニケーションの手段としてファックスを使用するケースが多く、自分の意思を言葉で伝えることが難しい聴覚障害者にとっては最適です。

 

ただし、従来の複合機では文書を送信したり受信したりするまでに一定の時間がかかり、郵送と比べれば早いかもしれませんが、それでも不便だと感じる状況は多いかもしれません。

 

それに、故障した場合は修理を電話で依頼しなければならず、耳が不自由な方にとっては大変です。

 

そこで登場するのがインターネットFAXで、メールでファックスの送受信を行う形となるので圧倒的にスピードが早く、ネット回線を使うので故障のリスクは一切ありません。

 

インターネットFAXならば外出先でも難なく使用できますし、受信した際にバイブで振動するように設定しておけば、送られてきたファックスに気付かないことはないはずです。

 

上記でご紹介したeFaxならば、30日間の無料トライアルが用意されているので、インターネットFAXがどのようなシステムなのか確かめてみてください。


「インターネットFAXに関する疑問」に関するページ