インターネットFAXの市場規模は?

インターネットFAXを比較しよう

インターネットFAXの市場規模は?

インターネットFAXの市場規模はどのくらいなのか、疑問を抱えている方はいらっしゃいます。

 

確かに、現在の日本では以前と比べて大分インターネットFAXが浸透しており、複合機よりもメリットが大きいことが分かりました。

 

FAXサーバーやFAX機を インターネット上に集約し、Eメールのような感覚でFAXの送受信を行えるのがインターネットFAXの大きなメリットです。

 

実は、受発注のインターネットFAXの市場規模は何と100億円を超えており、会社において従来型の複合機から切り替えているところは決して少なくありません。

 

何よりも、手元に複合機がなくてもFAXの送信や受信ができるところが便利ですし、現代ではスマートフォンを持ち歩くのが基本となっているため、外出中にやり取りを行うことができます。

 

業務効率化だけではなく、紙代やインク代、そしてメンテナンス費用が必要ないということで、インターネットFAXに切り替えれば大幅にコスト削減を図ることができるのです。

 

未だにFAXを良く利用する企業は多いですし、便利なインターネットFAXの市場規模がこれからも拡大していくのは間違いないのではないでしょうか。

 

事業におけるコミュニケーションの根幹をFAXが担っているのは事実なので、インターネットFAXの利用を考えてみた方が良いと説明できます。

 

当サイトでは、数ある業者の中でも格安の料金で利用できるeFaxをご紹介しており、1,500円で150ページまで送受信が無料なのです。

 

初めてインターネットFAXを利用する方のために、30日間の無料トライアルが用意されているので、是非eFaxの公式サイトにアクセスしてみてください。

 

 

>>> eFaxの無料トライアル

 

さて、上記でも説明したように、インターネットFAXの市場規模はどんどん拡大しており、eFax以外のサービスも登場しております。

 

全世界で利用している顧客の数が圧倒的に多いのがeFaxで、外出が多い営業マンの方や設立して間もないベンチャー企業を経営している方におすすめです。

 

eFax以外にも人気のインターネットFAXは幾つかあるので、以下を参考にしてみてください。

 

 

BizFAX ストレージ&リモート:Webからの申し込みで初期費用が無料

ToonesインターネットFAX:使用頻度に応じて3種類のプランから選択可能

faximo:専用のソフトなしで月額基本料は940円から

D-FAX:送信は不可能なものの初期費用2,500円で受信が無制限

fax050.jp:30日間の無料体験を採用


「インターネットFAXに関する疑問」に関するページ