インターネットFAXとダイレクトファクスの違いは?

インターネットFAXを比較しよう

インターネットFAXとダイレクトファクスの違いをチェック!

似たような名称ですので、インターネットFAXとダイレクトファクスは同じような仕組みなのではないかと考えている方はいませんか?

 

確かに、どちらもファックスの送受信ができる点では一緒で、ビジネスにおいて欠かせない存在となっています。

 

現在でもビジネスでFAXを使っている企業は多く、取引先とやり取りしたり顧客へと情報を送ったりと様々な使い道があるのが特徴ですね。

 

そこで、以下ではインターネットFAXとダイレクトファクスの違いをまとめていますので、どちらを使った方が良いのか比較してみてください。

 

<インターネットFAXの特徴>

・通常のFAX通信とは違って電話回線ではなくインターネット回線を使う

・企業内ネットワークやインターネットで電子メールとしてやり取りする

・複合機を使ったFAXと比べて通信料金を節約して経費の削減に繋がる

 

<ダイレクトファクスの特徴>

・アプリケーションソフトウェアで作成した文書をプリントのような操作で送信する

・自分から相手へと送信するにはコンピュータから行うことができる

・送信したい文書をわざわざプリントアウトしなくても済む

 

印刷不要でダイレクトに相手へと送信できることから、「ダイレクトファクス」と名付けられるようになりました。

 

複合機で何か書類を相手へと送らなければならない場合、一度プリントアウトしなければなりません。

 

しかし、ダイレクトファクスの機能を利用すれば、余計な時間と用紙のコストを削減できる仕組みです。

 

コストの削減という観点では一緒でも、インターネットFAXではそもそもの電話回線を使いません。

 

携帯電話のEメールのような形でFAXのやり取りができるため、現在ではビジネスの場面で主流のツールとなりました。

 

つまり、機能面で比較してみるとダイレクトファクスよりもインターネットFAXの方が優れていて、自分の気に入ったサービスへとオンライン上で登録するだけで使えるようになりますよ。


おすすめのインターネットFAXは?

これからFAXのサービスを取り入れる予定の方は、ダイレクトファクスではなくインターネットFAXがおすすめです。

 

インターネットFAXであれば電話回線を引く必要はありませんし、パソコンやスマホなどインターネットに繋がるデバイスがあればいつでもどこでもFAXの送受信ができます。

 

そこで、「どのインターネットFAXを利用すれば良いの?」と疑問を抱えている方にはeFaxがおすすめで、他のサービスとの違いを見ていきましょう。

 

・1ヵ月当たり1,500円と料金が安めに設定されている

・世界中で利用している方がいる(個人と法人両方)

・スマホで使える専用のアプリケーションをダウンロードできる

 

30日間の無料カウンセリングが用意されているのも魅力的ですので、詳細はeFaxの公式サイトをチェックしてみてください。

 

 

>>> eFaxの無料トライアル

 


「インターネットFAXに関する疑問」に関するページ