eFaxと迷惑メール

インターネットFAXを比較しよう

eFaxと迷惑メールについて

迷惑メールというものは非常に厄介なもので、携帯電話に次々と送られてくるメールにうんざりし、アドレスを変更しなければならないほど大量に送られてきたという経験をした方はいらっしゃるはずです。

 

eFaxから迷惑メールが送られてくるというわけではないのですが、eFaxのサービスを装った詐欺メールが送られてくるというトラブルを訴えている方がいらっしゃいます。

 

eFaxは、アメリカの「j2 Global Communications」が運営しているサービスであり、その会社を装ってPDFファイルが添付された迷惑メールが送られてくるというわけです。

 

どのような内容なのか迷惑メールによって異なるので一概には説明できませんが、本文が英語で記載されているという特徴があるみたいで、その偽装されたPDFファイルを開くとパソコンが危険なウイルスに感染してしまいます。

 

ウイルスの種類はネットバンクの情報を盗み取るものであると噂されており、うっかりとダブルクリックをしてしまうとオシマイなので、eFaxを偽装した迷惑メールには十分に注意しなければなりません。

 

eFaxに登録している方でしたら、気になってファイルを解凍してしまうかもしれませんが、eFaxに登録を行っていないのにも関わらず、このような迷惑メールが届くのは明らかにおかしいと気が付くはずです。

 

もちろん、この詐欺メールはeFaxとは全く関係がなく、eFax側がこのようなメールを配信することはないので、何か違和感を感じたのであれば、直ぐに削除するようにしましょう。

 

インターネットの技術が進む中で、フィッシング詐欺が流行っておりますので、十分に気を配ってください。

 

 

>>> eFaxの無料トライアル

 

さて、インターネットFAXのeFaxを利用している方は、迷惑メールの心配があるということで、本来の業者から送られてきたメールを開けないと不安になる方がいらっしゃいます。

 

それを判別する方法として、本文の内容をチェックするのが最適で、eFax側から日本のお客様に対して英文でメールを送ることは一切ないのです。

 

元はアメリカが運営しているサービスなので、英文のメールも送られてくると考える方はおりますが、全ての方に日本語でメールを送っているので、英文のメールが受信されたらそれはまず間違いなく迷惑メールだと思った方が良いでしょう。

 

実際に、迷惑メールによって大きな被害を受けてしまったという方は少なくないので、安易に添付されているファイルなどを開かないようにしてください。


「eFaxで引き起こされる不具合」に関するページ