eFaxで引き起こされる不具合

インターネットFAXを比較しよう

eFaxで引き起こされる不具合について

eFaxで引き起こされる不具合について

eFaxを使っていて、不具合が引き起こされたという方はいらっしゃるようですが、基本的にはスムーズに利用することができるはずです。

 

インターネット回線を使用しているので、その回線が安定していない状態ですと不具合が起こる可能性がありますが、これはeFaxに限った話ではなくインターネットFAX全体で言えます。

 

「ファックスを受信できない」「FAXを送信できない」という不具合を訴えている方は、圏外でeFaxを利用していたと考えられるのです。

 

メールの送受信は圏外では行えませんが、この原理と同じようにeFaxもインターネット回線を使っているので、圏外では送受信が行えないということはお分かり頂けるでしょう。

 

受信したFAXがどこか異なる場所に送られてしまうという心配はないので、インターネットが繋がる環境に移動すれば受信できるはずです。

 

@FAXを送ったと取引先から連絡があったのに届かない時は圏外かどうか確認する

Aもし圏外だった場合はインターネットが繋がる場所へと移動する

Bもう一度eFaxへとアクセスしてみてメールが送られているのかどうかチェックする

 

こういった方法でファックスを受信できないトラブルは解決できますし、サービスやサーバーの不具合というケースはそこまで頻繁に起こりません。

 

送信に関しても全く同じで、圏外では利用できないので、送信エラーと表示されます。

 

「無事に相手に送れたのか分からない」という方のために、eFaxでは送信の確認を知らせてくれるメールが、連絡用のメールアドレスに通知されるという仕組みとなっているので、トラブルが引き起こされるということはほとんどありません。

 

このように、eFaxは不具合が引き起こされる可能性が非常に低く、快適にメールでFAXの送受信を行えるサービスとなっているので、最初は30日間の無料トライアルで試してみてください。

 

 

>>> eFaxの無料トライアル

 


eFaxは不具合が起こる確率の低いインターネットFAXサービス!

少しの不具合でも引き起こされるのが嫌だという方はいらっしゃるものの、eFaxは通常の複合機を利用したファックスと比べて、明らかに不具合が引き起こされる確率は低くなっています。

 

一概には言えませんが、従来のFAX機器を使用している方の中には、「相手の電話番号に送ってしまった」「紙面の表と裏を間違えた」「FAXが受信されていたことに気が付かず放置してしまった」というトラブルが頻繁に起こっているのです。

 

インターネットFAXであるeFaxは、紙面に出力せずにデータで管理されているので、送信方法に関しては宛先だけに注意すれば問題はないと言えます。

 

それに、必要な書類だけを紙面に出力すれば良いので、FAX機器のトレーに放置してしまうという事態を防ぐことができるでしょう。

 

外部に情報が漏れるリスクをeFaxでは防げるので、従来のFAX機器よりも優れていることがお分かり頂けるはずです。


「eFaxで引き起こされる不具合」に関するページ