eFaxはナンバーポータビリティに対応している?

インターネットFAXを比較しよう

eFaxはナンバーポータビリティに対応しているの?

インターネットFAXのeFaxがナンバーポータビリティに対応しているのかどうか、疑問を抱えている方は少なくありません。

 

そもそも、ナンバーポータビリティサービスがどのようなものなのか以下では簡単にまとめてみました。

 

・複合機のFAX番号をそのままインターネットFAXで使いたい時に利用する

・ナンバーポータビリティを使えば以前のFAX番号を引き継ぐことができる

・専用の機械を買ったり回線の工事をしたりする必要性がない

・会社で指定されている一定の費用を支払うだけでスムーズに移行できる

 

このような特徴があり、複合機からインターネットFAXへと移行する際に面倒な手続きが必要ないのです。

 

もしナンバーポータビリティが使えないと、番号が変わったことを取引先やお客様など全員に通知しなければなりません。

 

ナンバーポータビリティサービスはその手間が省けるので利便性が非常に高いものの、残念ながらeFaxでは取り入れられていないのです。

 

eFaxへと登録する場合、電話回線で使っていた複合機のFAXを解約し、新たにパソコンやスマホなどオンライン上で加入の手続きを行う形となります。

 

そのため、番号そのままのインターネットFAXの利用を考えている方は、eFax以外のサービスで比較しましょう。


ナンバーポータビリティサービスが用意されたToonesインターネットFAX

ナンバーポータビリティサービスが取り入れられたインターネットFAXをお探しの方には、eFaxではなくToonesインターネットFAXがおすすめです。

 

番号をそのままで移行したいと考えている方にピッタリの会社なのは間違いありません。

 

1番号につき1回だけ8,980円を支払わなければならないものの、取引先やお客様に番号変更の知らせをしなくて良いのは大助かりなのではないでしょうか。

 

以下ではToonesインターネットFAXのナンバーポータビリティサービスの利用方法をまとめてみました。

 

@Toonesの公式サイトへとアクセスしてアカウントへとログインする

ANP申し込みボタンをクリックして必要情報を入力して送信する

B会社からNPの可否についての連絡が入る

C必要ポイントを購入して工事日から利用できる

 

利用の流れはそこまで難しくありませんし、既存料金設定も安いのでおすすめです。

 

ナンバーポータビリティサービスの詳細に関しては、ToonesインターネットFAXの公式サイトで確認してみてください。

 

 

>>> ToonesインターネットFAXの詳細はこちら

 

 


「eFax」に関するページ