eFaxのログイン方法

インターネットFAXを比較しよう

eFaxのログイン方法について

eFaxへログインする方法は全く難しい手続きはなく、このサービスに登録する際に「ログインID」と「暗証番号」を設定するのですが、それを公式サイトから入力することによって、自分のページにアクセスすることができます。

 

この2つを忘れずにどこか別の場所で保管しておけば、簡単にeFaxにログインできるというわけです。

 

eFaxのログインIDは国番号と市外局番を入力することとなり、日本の東京の番号であれば、国番号の「81」と市外局番から0を取った「3」となるので、「813XXXXXXXX」がログインIDとなります。

 

アメリカやカナダのFAX番号を取得したのであれば、国番号が「1」となるので、「1XXXXXXXXXX」と入力すれば良いのです。

 

PINコードと呼ばれる暗証番号は、登録を行う際に最初に設定するので、それをログインIDとともに公式サイトで入力を行えば、マイページにアクセスすることができるでしょう。

 

仮に、ログインIDとパスワードを忘れてしまったとしても、自動で登録を行う機能がeFaxには備わっているので、最初に入力する際にチェックを入れておけば、次回からは入力する手間が省けるというわけです。

 

このように、特に難しい方法ではないので、ログインの仕方が分からないという事態は、ほとんど引き起こされないと思います。

 

それでも、上手く把握できないというであれば、eFaxのカスタマーサポートにアクセスして、尋ねてみてください。

 

 

>>> eFaxの無料トライアル

 

さて、「eFaxにログインすることができない」というトラブルが頻発しておりますが、これはログインIDと暗証番号が間違っている可能性が高いです。

 

もし、eFaxのログインIDを忘れてしまったという方は、ログイン画面で登録する際に使用した電子メールアドレスを入力することで、eFax側からメールでログインIDを教えてくれます。

 

暗証番号を忘れたという場合は、eFaxのログインIDを入力することで、同じようにeFax側からメールでPINコードが送られてくるので、その暗証番号を使えば今まで通りにインターネットFAXのサービスを使えるというわけです。

 

どちらも忘れてしまった場合でも、最初にログインIDを尋ね、その後に暗証番号を入手すれば全く問題はないので、eFaxの機能が使えなくなるということはないでしょう。

 

手続きに関してはそこまで面倒なものではありませんが、なるべく忘れないように自分で保管しておかなければなりません。


「eFax」に関するページ