インターネットFAXのリスク

インターネットFAXを比較しよう

インターネットFAXのリスクについて

インターネットFAXを利用する上でリスクがあるのかどうか疑問を抱えている方はいらっしゃいます。

 

個人によって考え方が異なるので一概には説明できないものの、基本的にインターネットFAXにはリスクはありません。

 

インターネット回線がなければ利用できないので圏外ではFAXを送受信できないというデメリットはありますが、それでも複合機と比較して遥かに便利なので個人用としてもビジネス用としても取り入れられているのです。

 

実際に、ビジネスでインターネットFAXを取り入れ、従来の複合機と比べて利便性が高く、驚いた人は多いのではないでしょうか。

 

そこで、なぜ多くの人が複合機からインターネットFAXに乗り換えているのか、その理由を以下では詳しく説明しているので一度確認してみてください。

 

 

・FAX機器本体を購入する必要が無く、パソコンやスマートフォンがあれば利用できる

・紙やインクといった備品を用意せずにFAXを送受信できる

・データをメールで受信する形となるのでランニングコストが安い

・デジタルデータとして保存できるので情報漏えいのリスクを下げられる

・スマホを活用できるのでオフィス以外の場所でもやり取りができる

・IP電話番号やフリーダイヤルなど特殊な電話番号も手軽に利用できる

 

 

上記のような説明を受ければ、インターネットFAXがいかに素晴らしいサービスなのかお分かり頂けるはずです。

 

特に、ランニングコストが安い点が大きく、ビジネスとして取り入れれば経費の削減に繋がります。

 

インターネットFAX業者によって異なりますが、月額料金が数千円と安く設定しているところが多いですし、月々の電話回線代よりも遥かに安いのです。

 

紙やインクなどの消耗品は一切必要ありませんし、1ヶ月間で10,000円以上の削減に繋がったというケースも少なくありません。

 

それに、「データを紙面ではなくデジタルで保存できる」「宛先を電話帳から検索して決められる」という機能も備わっており、情報漏えいのリスクを防げるという大きな特徴もあります。

 

従来の複合機は送られてきたファックスを紙面として出力しなければならず、会社以外の人間の手に渡る危険性もありました。

 

その点、インターネットFAXならばメールとして管理できますし、ハッキングのようなトラブルは皆無です。

 

以上のように、リスクなく便利にFAXを利用できるということで、インターネットFAXは人気を得ております。

 

当サイトでは、数多くの業者の中でも高い人気を得ているeFaxをご紹介しているので、まずは30日間の無料トライアルに登録してみてください。

 

 

>>> eFaxの無料トライアル

 


「インターネットFAXのデメリット」に関するページ