インターネットFAXで起こり得るエラー

インターネットFAXを比較しよう

インターネットFAXで起こり得るエラーについて

基本的にインターネットFAXでは、エラーによってメールの送受信ができないということはほとんどあり得ないのですが、メールと同じようなエラーが引き起こされる可能性は十分にあり得ます。

 

例えば、自分がインターネット環境が繋がりにくい環境にいる場合、送信エラーとなることはありますし、メール自体を送れなければFAXの送信もできないというわけです。

 

それに、FAXを送信する際に相手側の電話番号が話中であった場合や、回線障害が引き起こされていた場合は、エラーのため送信できなかったと表示されることがあります。

 

このような時は、相手先の番号をしっかりと確認し、メールや添付したPDFファイルに異常がないかチェックしなければなりません。

 

回線の障害によってエラーが引き起こされたと自分では思っていても、実は宛て先を間違えていたことで送信できなかったという事態は十分にあり得るのです。

 

宛て先の間違いによって送信できなければまだマシですが、他の人に誤送信するリスクがあり、重要な企業の書類だった場合は大ダメージとなります。

 

サラリーマンの方であればきちんと把握しているかもしれませんが、本当に重要な書類を送る場合は、複数の人が目にする可能性がある複合機などを利用するのではなく、郵送という方法を使いましょう。

 

とは言え、このサイトでご紹介しているeFaxであれば、頻繁にエラーが引き起こされるというわけではないので、スムーズにインターネットFAXを利用できるはずです。

 

仮にエラーが生じたとしても、対応がしっかりとしているサービスなので、カスタマーサポートに問い合わせてみてください。

 

 

>>> eFaxの無料トライアル

 

さて、インターネットFAXサービスによって、メールに添付できるファイルの種類が定められており、サポート外のファイルが添付されていた場合は、変換することができないので送信エラーになってしまいます。

 

「Word」や「PDF」、「JPEG」や「Excel」といった形式のファイルが存在しますが、自分が入会しているインターネットFAXがどのファイルを利用できるのかあらかじめチェックしておかなければならないのです。

 

また、これもサービスによって違いが生じておりますが、一度のメールで規定されたページ数を超えるFAXを送信しようとした際に、エラーが表示される可能性もあるので、公式サイトやよくあるご質問で確認してみてください。


「インターネットFAXのデメリット」に関するページ