インターネットFAXのデメリット

インターネットFAXを比較しよう

インターネットFAXのデメリットについて

メリットが多く、個人用としてだけではなく、ビジネスとしても愛されているインターネットFAXですが、デメリットも存在します。

 

そこで、このページではインターネットFAXのデメリットについて詳しく説明しているので、一度チェックしてみてください。


インターネット環境がないと利用できない

これは当たり前のことなのですが、インターネットFAXはインターネット回線を利用して行われるため、圏外といった環境では利用できないというデメリットがあります。

 

圏外ではメールの送受信が行えないので、インターネットFAXも同じように使うことができないというわけです。

 

いつでもどこでもファックスが使えるというメリットがあるインターネットFAXですが、場所によっては利用できないということを把握しておかなければなりません。


他のメールと一緒に埋もれる可能性がある

迷惑メールがたくさん送られてきて、友達から送られてきたメールを確認できなかったという経験をした方はいらっしゃると思います。

 

これと同じように、インターネットFAXであっても、受信メールが大量に送られてきた場合、受信されたファックスが他のメールに埋もれて大事な仕事のメールを探しづらかったり確認できなかったりといったデメリットがあるのです。

 

それに、送られてきたメールが迷惑メールフォルダに振り分けられている可能性も十分にあるので、一応全てのファイルを確認しておいた方が良いでしょう。

 

それに、受信する側はメールボックスの容量がなくなると、ファックスを受けられないという事態も十分に考えられるので、きちんと整理しておくべきです。


相手にきちんと届いたか確認できない

これはインターネットFAXサービスによって異なるので一概には説明できませんが、通常のメールと同じように相手にきちんと届いたのか確認できないというデメリットがあります。

 

自分ではメールを送ったつもりであっても、届いていなかったという事態は考えられるので、大事な書類を送る場合は相手側に確認した方が良いかもしれません。


誤送信のリスクがある

これは通常のメールでも複合機によるFAXの利用でも同じように言えることなのですが、宛て先を間違えると別の場所に届いてしまうことがあります。

 

重要な書類を誤送信すると大変なことになってしまうので、インターネットFAXを使うという場合は、あらかじめ宛て先をきちんと確認しなければならないのです。


「インターネットFAXのデメリット」に関するページ